2016年10月04日

●「病は気から」公演のお知らせ

個人的な事情の告知で恐れ入りますが、劇団俳優座の来年1月の公演「病は気から」で演出を私・石川の妻の髙岸未朝が担当いたします。

■劇団俳優座公演No.331「病いは気から」
(原作:モリエール、翻訳:秋山伸子)
公演日:2017年1月11日(水)~22日(日)
会場:俳優座劇場
出演:中野誠也、中吉卓郎、加藤佳男、島英臣、河内浩、田野聖子 ほか
演出:髙岸未朝
作曲:萩京子
 ※詳しくは劇団俳優座の特設サイトをご覧ください。
チケットは11月21日(月)よりチケットぴあ等で発売開始です。
[料金]一般:5,400円/学生:3,780円(全席指定、税込)

どうぞよろしくお願いいたします。

2016年07月08日

●10+1に寄稿しました

Webマガジン「10+1」に「祝祭とポルノグラフィー──磯崎新『偶有性操縦法』と蓮實重彥『伯爵夫人』をめぐって」というエッセイを寄稿しました。
建築系のメディアに書いたのは初めてなので、かなり緊張しました。ご覧いただけたら幸いです。

http://10plus1.jp/monthly/2016/06/pickup-01.php

2016年06月02日

●錯乱の日々2

本日の「日経新聞」夕刊最終面の書評欄「目利きが選ぶ3冊」で、陣野俊史さんに『錯乱の日本文学』を取り上げていただきました。ありがとうございます。

2016年04月30日

●「ユリイカ」に寄稿しました

今発売中の雑誌「ユリイカ」の石原慎太郎特集に「亡霊の言説」というエッセイを寄稿しました。

●『子午線』トークイベントのお知らせ

5月21日(土)15時より、紀伊國屋書店新宿本店8階イベントスペースにて、私が同人として参加している雑誌『子午線』のトークイベントを行うことになりました。
「「総力戦」の時代における文学・批評・政治」と銘うって、下記の通りに開催いたします。
日時:5月21日(土)15:00開演/14:45開場
会場:紀伊國屋書店新宿本店8階イベントスペース
登壇者:絓秀実×稲川方人×中島一夫×石川義正
会費:1000円
参加方法:5月1日(日)午前10時より紀伊國屋書店新宿本店店頭またはお電話にてご予約を受付いたします。
ご予約電話番号:03-3354-5702
※詳細は紀伊國屋書店イベント特集ページよりご確認ください。
https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-Main-Store/20160426100059.html
どうぞよろしくお願いいたします。

2016年04月08日

●錯乱の日々1

今週、拙著『錯乱の日本文学―建築/小説をめざして』(航思社)が刊行の運びとなりました。
下記のとおりすでにAmazonでは発売中ですが、ステータスは「通常2~4週間以内に発送します」のため、注文していただいてもまだしばらく届かない、という状況かもしれません。
お急ぎの方(?)は、大手書店にはたぶんすでに置いていただいているはずのですので、そちらでお求めいただけますと幸いです(今週末、私自身もいくつかの書店を回ってみます)。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

http://www.amazon.co.jp/dp/4906738176


今日は、Amazonには掲載されていない本書の「目次」を以下に紹介させていただきます。

続きを読む "錯乱の日々1"
2016年02月11日

●イメージは無料ではない

昨日発売された「早稲田文学」に「連載「小説空間のモダニティ」単行本化記念」と銘打って「イメージは無料(ただ)ではない-「錯乱の日本文学」第0章」を掲載していただきました。
単行本は航思社より刊行の予定です。

2016年02月03日

●「ドストエフスキー」「子午線」

すでに先月になりますが、河出書房新社より刊行された「ドストエフスキー カラマーゾフの預言」に「『宙返り』のあとで」という大江健三郎の小説をめぐるエッセイを寄稿しています。
また、こちらも先日刊行されたばかりの「子午線 4号」(書肆 子午線)に「新国立競技場問題をめぐるふたつのフィクション―天皇制と市民社会」を寄稿しています。
ちょっと付言しておきたいことがありましたが、とりあえず告知のみ。

2016年01月07日

●「文學界」に寄稿しました

本日発売の「文學界」2月号より「新人小説月評」を担当しています。本屋で見かけたらサクッと立ち読みしていただけたら幸いです。ちなみに1年続く予定です・・・(汗)

●謹賀新年

おくればせながら新年のご挨拶申し上げます。

冬コミ参加された皆様お疲れ様でした。今回はブーススペースの関係上搬入部数を絞らざるを得なかったために、新刊は普段よりも早い時間に完売する運びとなりました。
また、当日午前中からお昼ちょい過ぎるまで、ウチの配置場所周辺はめっちゃくちゃな混雑が続き、列整理しようにもサークル個体の判断ではどうしようもないカオスとなっておりましたので、人並みをかいくぐって買いに来てくれた方々、おしくらまんじゅうみたいな状況の中整然と並んで下さった方々、本当にありがとうございました。
次回はもう少し広い場所がとれるといいけど…こればかりは自分ではどうしようもありませぬ;;。

新刊の方はすでに各書店様にてお取り扱いいただいております。

とらのあな

メロンブックス

COMIC ZIN

他、ブックメイトでも扱っていただいておりますので、どうぞご利用くださいませ。


僕個人は、コミケの後、元旦から家族行事に追われてようやくひと息ついてるところです。
しばらくは家で大人しく作業に専心致します(^^;

ま、そんな感じで。
今年もがんばりますので宜しくお願い致します~