« 2012年03月 | メイン | 2012年05月 »

2012年04月26日

●のりたま日録5

このところサボっているが、基本設計ミーティングは毎週続いている。だんだんプランの精度が高くなって、Kさんとセンチ単位でプランニングをああだこうだと進めているのである。
雑談の中で、建築家が模型をどう扱うか、という話をうかがう。Kさんも妹島和代も青木淳もみんなそれぞれに方法論が異なるという話が興味深い。あと、青森県立美術館のこととか、金沢21世紀美術館とキルヒナー美術館の関係とか。

2012年04月06日

●のりたま日録4

昨夜、Kさん事務所で4回目の基本設計ミーティング。
いよいよ正式に「設計監理委託契約書」を取り交わす。少ない予算と限られた時間の中、僕らの無理な希望を涼しい顔で次々と叶えてくださるKさんと所員の皆さんには感謝の言葉もない。
改めてよろしくお願いいたします。

そして今朝、ほぼ固まりつつあるイメージをもとに、同居することになる母親にもプランの説明をする。おおむね納得してもらったが、変更部分も出てきそう。またまたKさんに相談しなくちゃである。

2012年04月03日

●住宅哲学7 「例外状態」としての基本設計

施主が建築家と取り結ぶ関係というのはどういったものだろうか。
建築家とは建築の専門家だが、専門家というのはそれぞれの専門的な言語体系を身につけた者という意味であろう。
弁護士なら法という言語体系を、医者なら医学という言語体系を共有するように、建築家は広義の建築言語を共有する専門家集団の一員である。
彼らは(顧客であり素人である)僕らの行為や意思を専門的な言語体系に置換する。
弁護士ならばそれを法言語に「翻訳」(代行=表象)するし、医者は我々の身体の症候を医学言語として「解釈」する。
しかし建築家がおもに行う仕事は、それらともどこか異なっているように思われる。

続きを読む "住宅哲学7 「例外状態」としての基本設計"