« のりたま日録2 | メイン | 住宅哲学7 「例外状態」としての基本設計 »

2012年03月29日

●のりたま日録3

昨夜、Kさん事務所で3回目の基本設計ミーティング。
前回提示されたスタディを手掛かりに、自分たちの希望をあれこれ聞いていただく。
個々の場面場面のイメージがだんだん具体的になってくるとともに、住宅全体の主題も明瞭になってくる。
「巨大なスクリーンに対面する劇場のような住居」だ(スペクタクル!)。
ただその場合、やはり「階段」をどうレイアウトするかが最大の課題になってくるかもしれない。