« 住宅哲学6 制作物としての住宅 | メイン | のりたま日録3 »

2012年03月22日

●のりたま日録2

昨夜、Kさん事務所で2回目の基本設計ミーティング。
建物の輪郭がはっきりしてくるとともに、生活の輪郭も徐々に想像が膨らんでくる。
ここを会社の事務所にして、あそこを書庫にして、じゃあ自分の原稿は1階のこのテーブルで書こうかなあとか。その時家族はここにいるのなあ、とか。
つうか、問題は夫婦それぞれの職場を住宅に押しこめてしまったから、荷物の量がハンパないのだ。
収納どうする? というのが最大の悩みとなりそう。