« 2011年09月 | メイン | 2011年11月 »

2011年10月11日

●秋

八束はじめ「ハイパー・デン・シティ―東京メタボリズム2」を読む。約半世紀後の未来へむけたプロジェクトでありながら、八束のテキストには強いニヒリズムが漂っている。
善悪の彼岸にあるコールハースの「ビッグネス」がニーチェ的だとしたら、八束の「悪の都市計画」はさながらドストエフスキーの「大審問官」である。
とはいえ、「密度」と「コンパクト」には原子力が不可欠なのか、不要なのか、結局なにひとつ触れていないのはやはり奇妙だと思う。

続きを読む "秋"
2011年10月02日

●「家の外の都市の中の家」

今日でオペラ・シティのこの展示が終了するので、あわてて見にいってきたのだ。

続きを読む "「家の外の都市の中の家」"