« 歴史の狡知 | メイン | 正義と国家 »

2011年05月14日

●ジャンクガレッジ

東京駅のラーメンストリートで昼飯を食べました。
六厘舎が本命だったのですが、行列の長さに断念。
代わりに連れが食べたいというジャンクガレッジ(六厘舎の姉妹店らしい)の特製まぜそばを食したのでした。
これは。。。
うまいことはうまいのですが、もはやラーメンの領域を完全に逸脱してるなあ。。。
少ない汁の不気味な灰色といい、トッピングの山盛りのマヨやベビースターを大量の極太麺にぐちゃぐちゃと混ぜると、もはや見た目は現生人類の食事とは思えない様相に変貌していく。
なんというか「ブレードランナー」とか「攻殻機動隊SAC」みたいな世界観の食物。。。
2011年5月、初めて食事で21世紀を実感した瞬間でした。
(おかげで1食で1.5キロ太った)

全然関係ないが、河出ムックから「吾妻ひでお」本が出てるのを知り即購入。
萩尾望都との合作は大昔の「奇想天外」以来じゃないかなあ。あと、吉田秋生との対談や坂本龍一の寄稿も。本箱の奥から引っ張り出してみよ。

5/16
DVD「日本代表激闘録 AFCアジアカップ カタール2011」購入。つい4か月前の出来事なのに、信じがたいほど昔のことのように思える。3.11からこの方、世界は変わってしまったような。。。