« お疲れ様でした | メイン | 長らくご無沙汰してしまいました。 »

2010年08月24日

●『ユリシーズ』No. 4に寄稿しました

シンコーミュージック・エンタテイメントから8月25日発行の『ユリシーズ』という雑誌に「ジジェクによる『こうもり』/『こうもり』によるジジェク」というコラムを寄稿しました。
6月に来日したカウンターテノール歌手・ヨッヘン・コヴァルスキーとスラヴォイ・ジジェクの新刊『大義を忘れるな』等に触れています。

以下余談。

しばらくスペインを旅行していました。
その間、予想通り代表監督は決まらなかったようですね(笑)
「スペインの夏は酷暑だから帽子は忘れず、日中日向は歩かないように」とスペインで暮らした経験のある友人にさんざん注意されたけど、ボクのいた1週間は偶然涼しい日が続き、グラナダではとうとう驟雨に降られてしまったのだった。
ホントに「スペインの雨はおもに平野に降る」のですね。
おかげでアルハンブラ宮殿で路上のお土産を売っているオバサンにこうもり傘をなぜか2本も買わされてしまい、その後さんさんと晴れたアンダルシアとマドリッドの街中でもロンドンの紳士張りに傘を持って歩いて、とうとう腹立ちまぎれに日本にまで持ち帰ってしまったのでした。
今後もし東京で赤黄にエスパーニャの文字入りのド派手な傘を差している日本人の男を見かけたら、たぶんそれはおおむねボクに間違いないんじゃないだろうか。