« 家が雨漏りしました;;; | メイン | 明けましておめでとうございます »

2010年01月01日

●あけましておめでとうございます。

年末年始くらいたまには仕事と関係のない読書を、と思って、フランソワ・ドス「ドゥルーズとガタリ 交差的評伝」(河出書房新社)と千田善「オシムの伝言」(みすず書房)を読んでいる。
ドスの本は、ガタリについてほとんど無知な私には大変勉強になるし、ちょっと意外な情報(アニエス.bが若いころガタリのもとでデビューしたとか)も面白かった。
オシム師の本は、たぶんこれでもう自分がサッカー本を買うのは最後になるんだろうな。と、そのくらいサッカーから関心が離れている(その割にはwowowとスカパーは加入してるけど)ので、今では代表監督が岡田氏でヨカッタ、くらいに思っている。
ジーコのときほど積極的に「負けてしまえ!」と腹の奥で感じてしまうわけでもなく、かといってオシムだったら不安と心配のあまり6月まで仕事も手につかないところだった。
今年はただでさえ仕事のやり方もプライベートも激変する予定なので、それじゃ生活が破綻してしまう。
案外、岡田氏は予選リーグ突破くらいの結果をだしちゃうかもしれないし、やたらとサッカーへの世間の風当たりの厳しい中、今回はそうなればいいとわりと真剣に願っています。

もろもろの事情でここでの私のカキコミも減るかもしれませんが、これまで同様適当に更新していきますので、気の向いたときにたまには来てみてください。
本年も「退屈帝国neo2」をよろしくお願いいたします。