« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月30日

●11月が終わっちゃったよー;;;

スケジュールがかなり厳しいです。
手が遅いってやだなー;;;;

そんなわけで同人誌の執筆をしています。
とにかくあと3週間…がんばります!
告知とかはもうギリギリになってしまいそうな予感ですが…とにかく原稿が上がらないことには…。

余裕無いのでとりあえず!
母さん、僕はなんとか生きてます(笑;)


2009年11月22日

●ふたたび

風邪がぶり返す。というかボクは飲みに行くと風邪をもらってくるみたい。基本的な体力が落ちているのかもしれない。

微熱でぼ~っとしながら「千のプラトー」をパラパラと捲っていて--これはボクが無知なのか、どこか読み落としているのかもしれないが--その最後の章「1440年-平滑と条理」の、この1440年とはいったい何を指すのか、自分が知らないことに気づいたのだった。
ネットで調べると1440年はグーテンベルクの活版印刷発明の年とされる(1445年ともいわれる)。そうなのかもしれないけど、しかしアルベルティが「絵画論」を発表したのが1435年で、そこで遠近法について初めて論じているのもこのテキストと深い関わりがあるはずである。本当は1440年とは何を意味しているのだろうか。もしご存じの方があればご教示ください。

2009年11月21日

●ご無沙汰

出張続きのうえに風邪が抜けなくて映画を観に行くヒマも体力なく、ついカキコミをご無沙汰してしまったが、その間にW杯出場国が決定してしまった。アンリもまさかその日その時まで自分がサッカー史上にマラドーナの「神の手」と並び称される「悪名」を残すことになるなんて想像すらしてなかっただろう。メディアには「ハンドを認めても悪びれることもなく」とまで言い掛かりをつけられてるけど、もともと大事なゴールを決めた時こそクールを決めたがるシャイな性格のアンリのことだから、おそらく内心は途轍もない後悔に苛まれているにちがいない。これがきっけでプレーにもキレがなくなり・・・、なんてことにならなければいいのだけれど。

体調が悪いなりにかろうじて見たのがDVDで「おっぱいバレー」。綾瀬はるかちゃんがご贔屓なので。ノスタルジックなバカ映画というコンセプトは別に嫌いではないが、どうも何か全体的に薄味に思えるのは、最後まで主役の男子生徒たちの個体識別ができなかったせいだろう。というかこの監督は映画的な細部というやつにあんまり関心がないのかもしれない。
あとTVドラマ「外事警察」1話。たぶんフジテレビ「SP」をもうちょっとリアルっぽくしたプロット。渡部篤郎を久々に見たけど、あれな雰囲気は変わってないなりに年齢を重ねてこのドラマに合ってる感じもする。もう少し見てみようかな。

2009年11月05日

●11月だー;;;

ホットミルクのコンテが順調に遅れてて冬コミがヤバイです;;
あ、一応コミケは今回も受かりました。フクダーダ先生と隣同士らしい…(笑)
アマガミ本作るぜ~ハァハァ♪