« 2ヶ月近くも更新サボってしまった;; | メイン | 「リミッツ・オブ・コントロール」 »

2009年10月10日

●『ユリイカ 2009年10月臨時増刊号』に寄稿しました

同誌の「総特集*ペ・ドゥナ『空気人形』を生きて」に論考「偶像(アイドル)の縫合線」を寄稿しました。1979年10月11日生まれのペ・ドゥナさんと、じつは意外かもしれない同年10月30日生まれの仲間由紀恵さんとの「対比(アイドル)列伝」です。
むかし月野さんの同人誌に山田奈緒子嬢の似顔絵を寄稿して以来のトリオタ全開の原稿となってしまった・・・。

昨日、たまたまNHKでイッセ-尾形の一人芝居を10年ぶりくらいに見た。コントという舞台で独創的なスタイルを発明し、かつそれを数十年続けることの困難について考える。最近の中崎タツヤのマンガにも感じるんだけど、ネタの切れよりも過度に様式化された演出が強調されているような気がする。個人的には笑いよりも、もっとひしひしとした辛さを感じてしまうのだった。