« 2009年03月 | メイン | 2009年05月 »

2009年04月25日

●バカの森

「ユリイカ」5月号の「特集クリント・イーストウッド」に寄稿しました。「奴隷の闘い『スカイ・クロラ』vs『スペースカウボーイ』」という原稿です。バカっぽい副題ですが押井守とイーストウッドについて論じています。

(以下まったく何の関係もなく…)

続きを読む "バカの森"
2009年04月23日

●日本の「世界史」的使命と「理性の狡知」

ある特定の国家(あるいは民族)の興隆と没落が「世界史」を左右する重要な因子となりうる、と仮定してみたらどうだろうか。そうした国家(あるいは民族)を、たとえば紀元前5世紀頃のギリシャや16世紀のスペイン、17世紀のオランダ、ハプスブルグ朝オーストリアについて考えると、20世紀の日本もそこに加えることができるだろうか。
じっさい、関ヶ原の戦いと同じ年(1600年)にイギリスの東インド会社が成立し、昭和天皇の死去と同じ年(1989年)にベルリンの壁が崩壊したという偶然(?)は、そうした想像を充分に刺激するに足る。端的にいって日本が国民=国家として形成された17世紀から20世紀にいたる400年間(つまりヨーロッパが一時的に--というのはフランク『リオリエント』の示唆だが--アジアに対する政治的・経済的・軍事的なヘゲモニーを握った期間)、日本は欧州列強の圧力に対する「アジアの最後の砦」だったのかもしれないのである。その世界史的意義の頂点となるのが日露戦争(日本海海戦)だったということになるだろう。何しろそれはトルコの人々にまでいまだに語り継がれるほど偉大な勝利だったのだ。しかし1997年の香港返還以降、中国が数世紀ぶりにアジアの盟主としての実力と自信を回復しつつあることで、「アジアの徳俵」たる日本(地理的に見てそんな感じ?)の使命は終焉を迎えた、というのがここでの見取り図である。

続きを読む "日本の「世界史」的使命と「理性の狡知」"
2009年04月20日

●暖かくなりましたねえ

今年は(今年も?)結局花見はできませんでしたが(苦笑)

遅ればせながら「スミレ16歳(永吉たける著)」の最終巻を読みました。これは傑作ですね~、もう最後号泣ですよ!
単行本の発売スケジュールとか全然チェックしてないので、何がいつ発売されてるのかわからなくて大体後手後手になるんですが;
5巻で終わりだなんてちょっともったいない気も致します。まあいろいろ事情があってのことだとは思うのですが…、作家さんはまだまだ引き出しありそうな方なんで、もっと続いてもアイデアありそうな気もして。
でもまあとにかく、いいもの読ませて頂きました。永吉先生すごいです。

「打撃女医サオリ(矢上裕著)」も読みました。これまた2巻で完結とはもったいない;;;雑誌の休刊は罪ですねぇ;;;。
矢上先生の作品は「ヒッカツ」も好きで(これも3巻で…;;)、「叩いて直す」というアイデアをここまで上手にデフォルメして作品にしてるところがすごいです。しかも矢上先生はお話のまとめ方がものすごくお上手で、ギャグあり、ホロッとするいいお話ありで、とにかくソツがない。絵も個性的で超シビれます。

世の中にはすごい人がいっぱいいるもんだなあ…。

アニメ>
言い忘れてましたが、「フレッシュプリキュア」も見ています。EDのポリゴン?ぽい踊るラブちゃんが超可愛くないですか?

おわり。

2009年04月15日

●新番組ラッシュに追いつかない~

というわけであたふたしてます。
ざっと見た感じでは「アスラクライン」「戦場のヴァルキュリア」「クィーンズブレイド」「バスカッシュ」あたりかなぁ。
あと、新番組ではないですが「エリン」が可愛いです~。

ところで、先月末からふいに思い立って漫画製作の現場をデジタル化してみました。思いつきで始めちゃったわりにはそう大きな混乱もなく、なんとかこのままいけそうな気配です。アナログの原稿作業に比べるとベタ塗りやトーン処理等の負担が予想以上に軽くなってびっくりです。
とはいえマシン環境はかなり素朴な感じで;ウチにはPCが2台あるのですが、ネットワークがきちんと構築されてないので、今回アシスタントさんに入ってもらって作業した際には、データをいちいちフラッシュメモリーに突っ込んで移し替える…という非常にデジタルらしからぬやり方になっていて思わず失笑してしまいました。近々その辺に詳しい作家友達に環境構築してもらいます~。自分では…チンプンカンプンですよ;;。

CL決勝はバルセロナ×アーセナルになって欲しいなー。

2009年04月01日

●せんでん

てゆーかすっかりブログの更新滞ってていけませんなー;。なんだかいろいろやることあってひっちゃかめっちゃかです(苦笑)
そんなこんなで先月下旬にコアマガジンさまから新しい単行本がでましたー。
こういう時普通はもっと作者本人がPRとか上手くやればいいものを…と自分でも思うのですが、どうも僕は「一生懸命頑張ってはいるのですがこの程度しかできませんでした」的な変な遠慮(謙遜?自虐?)が先に立ってしまうせいでなかなか…どうしてよいか上手い振舞い方がわからないのでございますよ;。えへへ。
でも売れないとそれはそれで困りますのでここはストレートに言っちゃっとこ。

コアマガジン刊月野定規著「痴情の女(ひと)」発売中です~
お願いしますー買ってください~!!

以上、宣伝でした。

…てアレ?今日4/1?!
うわ、エイプリルフールにこんなこと書いて本気にされなかったらどうしよう(^^;)