« 2008年03月 | メイン | 2008年05月 »

2008年04月30日

●心ならずもマンU応援

サッキがいうとおり、今年のマンUはイタリア風にこすっからいチームだし、アーセナルのファンとしてはさらさら共感するつもりもないんだけど、しかしなぜか悪意を持てない理由はただひたすらそこにテベスがいるからである。
ドリブラーとしてはクリスチャーノ・ロナウドを超えられず、ストライカーとしてはルーニーに一歩譲り、さらに代表ではメッシがいるという、幸か不幸か周囲に同世代の綺羅星のごとき俊才たちが群がり集まってしまった環境で、それでも生き延びようとするテベスの「2流の人」としての意地と誇りについ心をふるわせてしまう。
そうは見えないかもしれないけど、ギグス(当時欧州屈指のドリブラー)やスコールズ(じつは天才!)を前にしたベッカムと(容姿を除けば)じつは似ている。あの美しい右サイドからのクロスは凄まじい努力の賜物だった。いや、だからといってベッカムが好きだったことは一度もないんだけどね。

2008年04月21日

●安田講堂と本願寺

コジェーヴによる「スノビズム(江戸期=ポスト歴史)」論は、近年では『動物化するポストモダン』の東浩紀や『ポストフォーディズムの資本主義』パオロ・ヴィルノによって「ポストモダン」という概念の論拠の一つとされている。89-91年以降の状況についてはむろん様々な議論があるだろうが、しかし江戸期の「形式化」された価値観=スノビズムというアナロジーはどうして成立したのだろうか。

続きを読む "安田講堂と本願寺"
2008年04月10日

●がーん

>CL
アーセナル負けちゃった…;;;
正直リバプールにせり負ける事を微塵も思っていなかったので次回のHMの巻末コメントがトンチキな事になっちゃったよ;。コメント書いたのが月頭で雑誌は月末発売だからタイムラグをきちんと考慮して出さないと…とは思ってたけど…負けたか…
><;;

>ドラマ
久しぶりの書き込みなのでもう、少し前になりますが、NHKでやってた刑事モノのやつと、どっかの民放でやってたドラマ特番みたいなやつで、ともに森山クンと忍成クンが共演してて、この二人のカップリングはなかなかいいなーと思いました。ひとりずつで出てくるより魅力がアップする気がします。
あと、最近では僕の一番好きな俳優は堺雅人なんですが、こいつが…;;恋愛新党とかいって夜中に変な番組にでていて…だめだよ…こんなバブリーな仕事受けちゃ…田辺誠一みたいになっちゃうぞ?;;

>アニメ
えーと…特にはないんですが…
とにかくポカーンとしたのは00の最終回とコードギアス2の初回かなー。
00の方は…続くにしても酷いなー(笑)ロックオン全然浮かばれてないー。なんか久しぶりに見た気がします、こんな最終回に向かってがんがん人が死ぬの。
コードギアスの方は…
前回どういう終わり方したのか全然覚えてなくて、話がまったくわかりませんでした;。
あと、新番組では(地方局のは見てないんでわからないですが)女の子向けのが多いのかな…?