« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月29日

●プレミア4兄弟

CLに登場する最近のプレミアの強豪は、それぞれそれなりにキャラ立ちしている。
つねに優秀で自分に自信がありリーダーシップを兼ね備えた長兄マンU、内弁慶だけど自分の趣味の世界では驚くべき才能を発揮する次男アーセナル、ひたすら成績が良くて性格の悪い秀才の三男チェルシー、そしてアホの子なのか天才なのか傍目にはさっぱりわからない末っ子のリバプール、といった具合である。
でまあ、今年も三男までは無事CL予備試験には合格したわけですが・・・、リバプールは土俵際に追いつめられてからアホみたいに得点を重ね始めて、相変わらず何を考えているのかさっぱりわからないチームなのである。

オシム監督の後任として岡田武史元代表監督が取り沙汰されている。
もしこの安易ともいえる人事が実現すれば、川淵会長の「トルシエ以前への回帰」という願望というか「トルシエをなかったことにする」という精神病理的な妄執がある意味で叶えられるわけで、なるほど組織というのはトップの愚劣な思い入れ次第でいかようにも頽廃する、というよい実例となるだろう。
実際もし岡田氏が就任して、しかも彼の指揮官としての能力が10年前の水準と変わっていなかったとしたら、今世紀に入って急激にレベルの高騰したアジア各国(その原因はオーストラリアのAFC加盟と中東中堅国の強化による)のベスト4--つまり南アフリカW杯出場権--を得るのはかなり難しいと思う。
いや、あの当時ですら、心身共に絶頂期を迎えつつあった名波とナカタという特異なキャラクターがあったからこそ、かろうじて予選突破が可能だったのである。
(たとえば突破を決めたイラン戦での有名な岡野のVゴールは、ナカタの強引な突破力とシュート力があってはじめて可能となったものだった。今、あれほどの意志と状況判断力と技術を兼ね備えたプレーヤーがいったいどこにいるというのだろう?)
ジーコ監督の焼畑農業のごとき4年間によって痩せきってしまった代表という土壌--老オシムが愛情を込めて肥料を入れて、ようやく小さな芽が育ち始めたところだというのに--で、岡田氏がなにをできるとも、あまりボクには想像できないのだ。

まあ、本心ではオシム師のいない代表など、もはやボクの「情熱」の対象ではないので、どうなろうと知ったことではないし、監督はやりたいやつがやればいいのではないかと思う。
というか、むしろ冷たい関心と多少の悪意を込めて思うのだが、このあたりで一度日本サッカー界は、落ちることろまで落ちてみてしまったらいいのではなかろうか。さもないと川淵会長下の現体制の無能と頽廃が、きっと遠い未来にまで禍根を残すと思うのである。

続きを読む "プレミア4兄弟"
2007年11月26日

●寒くなってきましたねー。

どうにも部屋が寒くてかないません。
夏に越した今の我が家は集合住宅のくせにスキマだらけで冬を迎えるにあたり、仕事するにはクールすぎなようです。
そんなわけで、ガスファンヒーターを買ってみました。
イイネこれは。すぐに温かくなるしニオイもないし。
たまに換気しないと部屋の酸素濃度が薄くなるような気がしますが、燃焼系の暖房器具だからしょうがない。
僕的には、好きな暖房器具第一位は遠赤外線パネルヒーターで、これは電気なんですが、輻射熱で温めるという機能なので実に不思議且つ心地よい温かさなのです。ただ、温め方が回りくどいだけあって、ある程度以上寒さが厳しくなるとまるで役に立ちません;。
密閉性の高い集合住宅の家などでは通常ならこれ1台でも寒くないんですが、ここではちょっと力不足なようです。以前は通販でしか買えず、しかも無骨なデザインのものしかなかった(というか1メーカー1機種しかなかった)ようなんですが、最近は見てくれもカッコイイのが出てきてるようなんで、これから暖房器具の購入をお考えの方には是非一考をお薦めします(ただし、戸建などのスキマの多い住居には向きません)。

最近見たもの>
「24シーズン6」
まあ、「いかに視聴者をテレビの前に引きつけておくか」という一点において、「それ以外はもはやどうでもいい」くらいの開き直った態度の執念を脚本から感じます(笑)
結局彼らの策略どおりについつい一気見してしまいました;。
はっきりいってそれだけの感じなんで面白かったかどうかなんてわかりません。が、余計な事を考えないでボケっと時間を過ごしたい場合にはもってこいの商材かと。
そんな感じですので話の内容は覚えていません(笑)

「装甲騎兵ボトムズペールゼンファイル」
全てCGになったATがかっこよすぎる!確かにボトムズで描かれるロボットは手描きよりもこっちのほうが方法論的に合ってるんだろうと思いました。
まだ初回2話だけですのでこの後どうなってくのかわかりませんが、この2回においては、「ATの活躍」ぽい感じはほとんど無くて、使い捨てられてく戦車みたいにわりと阿呆なやられ方でどんどん壊されていくあたりが思わず笑ってしまった。
しっかし…女が出てこない…まったく出てこない;;;;(^^;


冬は…
電脳コイル(あー!><次週最終回だなんて!)かミッドナイトヴァージン(webのフラッシュ小説)かで迷う所です。
そんな感じ。

2007年11月18日

●おやしらずを抜きました

話には聞いていたけど、聞いてた話とは違う種類の痛みだったので最初はなんだかわかりませんでした;(^^;
とにかく虫歯と口内炎が一緒になったような痛みでじんわり響いてくるというか…。
ほぼ3日くらいの内に口の左半分が全体的に痛いような感じになってきて、眠れないわ痛みで目が覚めるわでたまらなくなり歯医者にいったところ、「親不知である」という診断をされ。
思い切って抜いてもらいました。
実はそれまで、自分に親不知があること自体認識していなかったのでかなりびっくりしました。
今はもう、抜くために切った際の縫合の抜糸も済んで痛みはありませんが、歯痛は侮れませんね;;
抜いた後の穴ぼこに食べ物のカスが詰まるのが困りモノです。
まあ、幸運にも締め切りとはかぶらなかったので大勢に影響がなくてよかったよかった。

そんなことより。

オシム監督の病状の回復を心よりお祈り申し上げます…。

2007年11月16日

●恢復祈願

何を書いても不吉なほど懐古的になってしまう気がするので、今はただ「祈る」とだけ書いておきたい。
本当に大きな何かを失いかけているのだろうか、ボクたちは。

続きを読む "恢復祈願"
2007年11月15日

●ACL決勝

大会前、浦和が優勝するには攻撃のコマが1枚足りない、と予想を書いた記憶がある。
たしかグループリーグではその気配があったけど、その後は要所要所で田中やポンテ、今日は永井というふうに見事な決定力を示してくれた。
これにはやはりシャッポを脱ぐというしかない。正直スマンかった。組み合わせの妙で、移動の少ない韓国で2試合、体力を消耗する中東遠征が決勝のみだったのも大きいとは思うけど、やはり本気になった浦和はさすがだった。

とはいえ、ふたたび傍目から冷静になって(気が早いですが)12月の予想すると、堅守をベースとしたこの戦い方では、クラブ世界選手権はやっぱり辛いのではないのかなぁ。
今日の2得点とも、もし相手にツェフやブッフォンのクラスのキーパーがいれば点になってなかった気がするし、オジェック監督に戦術的な駆け引きができるとは思えないし・・・。それにミランなら日本のDFには未知の水準のミドルシュートがあるだろうけど、対応できるのかな。また攻撃面では、リスタートで阿部のアタマをもう少し積極的に活用するとか、いろいろ隠し球的な芸当を見せてほしいなあ。

・・・とまあ、不安は尽きないわけですが、何はともあれ最初の試合をPK戦でも良いから勝ち抜いて、ミラン相手に爪痕の一つでも残してほしいものでございます。

2007年11月06日

●去年ルノアールで

DVDで初見。面白いというにはビミョーな気がするし、ムダにゴーカな配役ってほどでもないと思うけど、なんというか、今時の若者はいろいろ大変なのだなあ、と妙にしみじみとしたのだった。
ルノアールの店内の同じ客に被害妄想気味の主人公のオトコノコが、その被害妄想に対して妄想で対抗するんだけど、妄想の中ですら負ける、というのが基本パターン、といっていいのだろうか。
しかし古来、夢だの妄想だのといえば、バスター・キートンから諸星あたるを経て碇シンジに至るまで(ま、最後のヒトはビミョーだけど)基本的に願望充足の装置だったハズなのに、この主人公のオトコノコの妄想は、なんでまたこうも防禦的でネガティブな感情で占められているのだろう、と思うのである。
受動的な感情は連帯の基礎にはなりえない、と、こないだもスピノザを引いて小泉義之氏がブログに書いていたけど、しかし今時の若者は「連帯」するかわりに、きっと互いの傷のありかに「共感」しあったり、「癒し」あったりしているのだろう。痛ましいことである。
そういや小泉氏は「89/91年の断絶」を主張していた(連帯から共感へ、ということか?)が、ボクもだいたい90年代半ばくらいからか、自分より少し下の年齢の子たちが事あるごとに「ムカつく」とか口走るのを聴いていて、「この子たちは普段からよっぽど自分たちが世の中から攻撃を受けていると感じているのだなあ」という違和感を持っていたのだった。
(かくゆうボクは典型的なバブル世代なので、世の中とは基本的に幸福でノー天気なものだと信じていた。ちなみにボクよりさらに以前の世代はやたらと怒っていた--ムカつくのとはちょっと違う--けど、「ボクは怒ってないさ。ジョー・ストラマーのポスター剥がれ落ちる」と歌ったアズティック・カメラの歌詞に解放を感じていたのだった)
その意味では「去年ルノアールで」の男の子も(本の帯には「無気力文学の金字塔」と記してあるらしいが)むしろ「無気力」どころか、これは反撃的妄想においてすら敗北して疲れ果てている姿、といった方が正確な気がする。要するに広義の「癒し」ドラマなのである。

ところで。
先週末、つい「アーセナルvsマンU」に触れ損ねてしまったけど、たしかにまあまあ面白いゲームではあったのだけど、2~3年前までの、あたかもヤクザの出入りのごとき気合いと迫力でドツキあっていた両者と比べると、ルーニーもロナウドもセスクも若くて過去の因縁を知らない分、まだまだ互いに探り合いで腰が引けていた気がする。
きっと4月のオールドトラフォードの再戦で、今シーズンの優勝の帰趨がPKとか誤審とか退場とかで決まったりすると、来シーズン以降の対決が異様に盛り上がるようになるだろうから、本当の楽しみはまだまだこれからである。
(こっちはアーセナルのファンとはいえ、じつはルーニーとテベスの不良同士の友情が見てて妙に微笑ましいので、かつての絶頂期の圧倒的に勝負強かったマンUのように憎たらしい感じが、どうしてもまだ湧いてこないのだ)

2007年11月04日

●SPよりもガリレオよりも

鳩山法務大臣が久留米の秋祭り(!)で語ったところによると、「テロリストの怖いのが平気で日本をうろうろしている」らしい。
なるほど岡田准一クンのような超能力を駆使するスーパーSPが必要な時代なのかもしれないが、よくよく考えてみると、テロリストがうろうろしているにもかかわらず、日本でテロらしいテロが(オウム事件以外に)起きていないのは、つまりは標的にするに値する政治家が存在しないからにちがいない。たしかにテロリストが、このお笑い法務大臣の命と、自分の命を天秤にかけたら、自分の命の方が惜しくなるに決まっている。
そもそも今回の「大連立」のバカ騒ぎからもわかるように、政治家自身が政治的な対立に耐えうる精神と能力に欠けているのだ。つまり日本には「政治」が存在しないということである。つくづく殺し甲斐のない政治家どもというか、要するに彼らは政治家を装った詐欺師に過ぎないのだろう(知恵を付けているのはアメリカのペンタゴンあたりなのかもしれないが)。

そんな中「SP」というドラマが始まって--「おいおい、法相の発言はこの宣伝だったのかよ」と勘ぐりたくもなったのだが--、やはり設定に苦労しているのが面白い。初回、都知事を狙うテロリストは2人、「タクシードライバー」のパクリのような武器おたくと、東大法学部卒のオチこぼれ記者という、おおむね現在の国民が抱く反感の対象のイメージを集約したような人物造型である。
つまり政治的動機なんかはそこには一切なく、マニアと怨恨というごく個人的動機による犯罪なのだ。これをテロと呼ぶのは、いくらなんでもテロの拡大解釈である。
しかも彼らの背後には、じつはその個人的怨恨を利用して犯罪を計画する謎の組織が存在するらしいのだが、これまた冗談みたいな話で、そもそも本気で素人をテロの手先に利用するなら、ナイフやピストルなんて不確実な得物でなく、IRAやアルカイダのように爆弾を使用するに決まっている。おそらく謎の組織とやらも所詮「ごっこ」の域を出ないのだろう。

そんな訳で岡田クンと真木よう子好きとしては「SP」を贔屓にしたいところだが、残念ながら「ガリレオ」と大差ない「カッコつけてるだけ」という印象なのだった。
しかしまあ、日本の政治やTVドラマなんていうのは、おおむねこんなものである。平和でとてもよろしい。それよりも「トリック」の山田奈緒子さんの復活あるかも? という情報の方がボクにはよっぽど嬉しかったりするのだった。