« 「個と組織」 | メイン | うう… »

2007年07月27日

●CM

新聞もネット情報も読んでいないのでよくは知らないが、きっとオシムと日本代表に対する罵詈雑言が溢れかえっているに違いない世間の喧噪から遠く離れて数日、ふと気がつくと予約注文していた「クリィミーマミDVDメモリアルボックス」がわが家に届いていたのだった(感涙)

「マミ」はたぶんボクが「銀河漂流バイファム」と並んでアニメのTVシリーズをリアルタイムで見ていた(「パトレイバー」と「エヴァ」を除けば)最後の番組で、伊藤和典氏の名前を覚えたのはこの時だったと思う。
今でも印象的だったのは(確認してみないと正確なところは再現できないんだけど)、マミのパパとママがテレビのクイズ番組を見ているというシーンで、
クイズ番組の司会者「映画界でMMといえばマリリン・モンロー。では、BBといえば?」
という問題に、回答者が「ボボ・ブラジル」と答えて、それを見ていた二人が、
パパ「え~っ、違うの?」
ママ「ばかね、ベティ・ブフに決まってるじゃない」
という、当時の子供番組としては超マニアックな会話(しかも正解はブリジット・バルドーだ!)を書いた「伊藤和典」という脚本家の名前を、どうして忘れることができるだろうか?

・・・というわけで、この週末は昼間から自宅でだらだらとお酒を飲みながら、涙ながらにこのDVDを見まくる予定である。なんというダメ人間なのだろうか!