« 『藤森照信の原・現代住宅再見3』 | メイン | やっとナマの桜を見たよ… »

2007年03月24日

●『述』(近畿大学国際人文科学研究所紀要、発売:明石書店)発売

『述(じゅつ)』1号という雑誌に、西澤がで論考「リアリズムという「信仰」--ゴダール『映画史』をめぐって」(石川義正名義)を寄稿しています。
メインは「国家論」特集で、すが秀実氏、岡崎乾二郎氏等の論文が掲載されています。

■目次
特集 国家論
画家というタブロー--マネ『マクシミリアンの処刑』をめぐって  岡崎乾二郎
プラトン『国家』を読む  岡崎乾二郎
政治的共同体  マックス・ヴェーバー(訳と解題 紺野馨)
なぜアメリカ人を殺さねばならないのか--1998年のアルカイーダのファトワー分析  保坂修司
国家とアンペイド・ワーク  大越愛子
長き革命--毛沢東の社会主義  韓毓流(訳と解説 阿部幹雄)
ヘゲモンの生誕--六〇年代初頭の知識人界と「国家論」への道  すが秀実
藤原正彦『国家の品格』書評  渡部直己
柄谷行人『世界共和国へ』書評  池田雄一
井田良『刑法総論の理論構造』書評  青木純一

文芸批評批判序説  中島一夫
リアリズムという「信仰」--ゴダール『映画史』をめぐって  石川義正

●大型書店、オンライン書店で販売しています。
「述 1 特集国家論」
価格:¥1,995(税込)
出版社: 明石書店 (2007/3/26)
〈オンライン〉
Amazon.co.jp
ビーケーワン
〈東京地区〉
ジュンク堂池袋店、リブロ池袋、丸善丸の内本店、八重洲ブックセンター、紀伊國屋書店本店、紀伊国屋書店新宿南店、ブックファースト渋谷店、リブロ吉祥寺、東大駒場、芳林堂高田馬場店、三省堂書店神田本店、東京堂書店神田本店、書泉グランデ
〈大阪地区〉
旭屋なんばCITY、ジュンク堂難波店、ジュンク堂大阪本店、紀伊國屋書店梅田本店